JUN KOBAYASHI

気の向くままに赴くままに地球をふらり

いざ再びのシベリア鉄道 featuring ニキータママズピロシキ

結局イルクーツクには5日ほど滞在した。

バイカル湖をサラッと観光したあと、モスクワに向かう予定だったのだが、ロシア美女との#ワンちゃんを期待して、いや、違う。普通の生活ができる有り難みにやけに感動してしまってついつい長居してしまったのだ。

 

 #ワンちゃん 大学生用語。後腐れない子と一発やること。

 

ここで言う普通の生活とは、暖かいシャワーを浴びることができて、外で用を足す必要がなく、レストランに行って羊肉以外の料理を食べることができる生活である。

 

哀しいことにモンゴルではそのどれもが叶わなかった。

 

そして再びのシベリア鉄道。5200キロ82時間の旅路。今回は途中下車することなくシベリアの平野をモスクワまで一気に駆け抜ける。

 

これから3日と半日も電車に閉じ込められると思うと気が気でない。

 

超現代っ子の私がWi-Fiのない生活に耐えられるだろうか。

 

いや、無理だ。いや、でもチケット買っちゃったし乗るしかないな。いや、でもやっぱスリもいるっていうし、怖い。なによりシャワーを浴びられないなんて無理気持ちわるい。でもやっぱり乗らないと先に進めないし。

 

っていう生産性のないやりとりを20回ぐらいして列車に乗り込んだ。

 

今回も車掌さんは金髪美人のお姉さんだった。

後々聞いた話によると、シベリア鉄道の車掌さんは皆女性らしい。

 

せめてもの救いか。

 

相部屋(相部屋といっても寝台が2つずつ上下に並んでいるだけでドアはない)になったのはいかつい初老のおっさん2人。

 

この時まで、"いかつい"という形容詞と"初老の"という相、反する形容詞がセンテンスとして成り立つとは知らなかった。


そんないかつい初老のおっさんに、超絶爽やかスマイルで挨拶してみたものの、返事はない。

 

そうか、これがロシアか。私が悪いのか。

 

そして今回の寝床は運が悪いことに二段ベッドの上段で、天井までの高さはわずか80センチほどしかない。

 

身体を起こすのも一苦労である。腰痛待った無し。

 

ちらりと周りを見回してみたが、外国人らしき人は自分以外見当たらず、屈強なロシア人のおっさんたちばかり。

 

下のテーブルはおっさんたちに占領されており、座ってくつろぐこともできない。
みんな無愛想で英語も通じないので会話もない。

 

やることもないのでひたすら本を読む。相変わらず窓の外の景色は変わらない。

 

朝が来たら目を覚まし、お腹が空いたらりんごを齧る。食事を済ませたら一眠りして本を読む。飽きたらお気に入りの音楽を聴いて、夜が来たら寝る。

 

というルーティーンを繰り返すこと3日。


3日。

 

時間にして72時間。

 

72時間もの間Wi-Fiもなしにベッドの上でただひたするゴロゴロする生活。

 

不幸せ以外の何物でもない。

 

日本の生産性の無いニートをぶち込んでみたらきっと彼らは発狂すると思う。

 

 

そのくらいハードな日々が続いた。

 

 

ロシアには11の標準時があり、その標準時をぶった切るように列車は走るので、時間感覚というものが極めて麻痺する。車内に時計はなく、もちろんWi-Fiもないので時間を調べる術もない。


お、日が昇ったから6時かなとか、隣のオヤジたちが酒盛りを始めたから17時過ぎかな程度にしか時刻を把握できない。

 

そしてこんな過ごし方をしていると、自分の存在というものに疑問を持つようになる。

 

自分が誰なのか、何をしているのか、どこにいるのか、どこに向かっているのか。

それすらもわからなくなってくるほど混乱するのだ。

 

どのコミュニティにも時間軸にも属することなく、外界の情報から完全に遮断された、宙ぶらりんな不思議な感覚。

 

途中これは、禅とかヨガとかと同一のある種、宗教的修行であるという結論に至った。

 

自分の内に深く深く潜り込む作業。そして宇宙と一体化する作業。

 

そう、シベリア鉄道に乗車するということは宇宙と一体化する過程を学べるということなのだ。

 

話が逸れた、元に戻そう。

 

そう、乗車から3日ほど経過した際、うら若きロシア人の学生達が我が城に乗り込んできたのだ。

 

くるくるパーマが印象的な21歳男法律家志望。

 

目尻のシワが特徴的な22歳ニキータ。

 

茶色い瞳と縮れたロングヘアーが可愛いらしいクリスティーナ年齢不詳(レディに歳を尋ねるほどヤワな男ではない)

 

特に印象のない21歳男。

 

 

人とのコミュニケーションに飢えていた私は、彼らとの会話が飛び上がるほど楽しかった。いや、実際飛び跳ねていた。

 

 

それ故に後々、周りの初老のおっさんたちの好機の目に晒されることになるのだがその時は知るよしもなかった。

 

 

片言の英会話、とびきりの笑顔、簡単なロシア後、日本の有名な物(特に車)、ボディランゲージが彼らとのコミュニケーションツールだ。

 

 

特にトヨタと本田圭祐に対する反応はとてもいい。

 

 

トヨタの車持ってるよ、ホンダケースケに会ったことあるよ(全部嘘)って伝えたらニキータが興奮した眼差しで、目を輝かせていたのを覚えている。

嘘をついて申し訳ないことをしたと思うが、私はただみんなに喜んでもらいたかっただけなのだ。

なんてサービス精神旺盛な男なんだろう私は。

 

 

そんなニキータは食料をほとんど持たない私を気の毒に思ったのか、やたらと食べ物ををおすそ分けしてくれた。

チョコレート、りんご、クッキー、ピロシキetc...

 

聞けば、そのピロシキはニキータのお母さんが作ったものであるらしい。

 

ピロシキ自体の味はいたって普通で、食べると口の中の水分を一切持ってかれるパンと表現するとわかりやすいと思う。

 

正直いってそう何個も食べられるものではない。

 

が、しかし私が調子にのって

"ニキータマムズピロシキナンバーワン!"

と連呼したものだから気を良くしたニキータはもっと食べろもっと食べろと催促する。

 

ごめんなさい、もう食べられないんだ。

とも言えず、10個ぐらい食べたあたりでギブアップ。

 

涙目で嗚咽も止まらなかったが、それを悟られないように必死に我慢して食べた自分に敬意を評したい。

 

口は災いの元。そんな格言が身に染みたシベリア鉄道の夜。

 

このあと一連のやりとりを見ていた屈強なおっさんたちに気に入られ、得体の知れないキノコのマリネやウォッカを頂戴し、ゲロッパするという特異な体験をしたのだが、長くなってきたのでこの辺で終いにしようと思う。

 

なんにせよ無事にモスクワまでたどり着けてなによりである。

 

ちゃお!

イルクーツクと魚と美女と

ウランバートルからシベリア鉄道に乗って、35時間列車に揺られてやってきたのは、シベリアのパリだとか言われるイルクーツクという街。

 

この街に立ち寄った理由はそう、バイカル湖に立ち寄るため。

 

以下Wikipedia引用

 

ロシア南東部のシベリア連邦管区のブリヤート共和国とイルクーツク州・チタ州に挟まれた三日月型の湖である。「シベリアの真珠」とも、ガラパゴス諸島と並ぶ「生物進化の博物館」とも称される。

 

f:id:samuraikid520:20170117034729j:image

そう、これが噂のバイカル湖。世界一の透明度を誇る美しい湖。

 

期待はずれもいいとこだよばかやろう。

なんも見えないじゃないか、曇り過ぎだろ。しかもなんだよ気温マイナス3度って。まだ10月も初旬のことだよ。

 

河口湖とか山中湖とかと変わらないじゃないか。

むしろ富士山が無い分、景色としての美しさが圧倒的に欠けてるじゃないか。

 

おれの苦労返せよもう。

 

このあと、30分ほどして、身を切るような強風と寒さに耐えきれず逃げるようにしてイルクーツクに帰りました。

 

オフシーズンに行くもんじゃないね。

 

でも屋台でアクの強いおばちゃんが売っているオームリと呼ばれる魚の燻製は本当に美味しかった。

 

オームリっ!オームリっ!オームリっ!

 

おばちゃんこれしか言わない。壊れたラジカセみたいにオームリっ!を連呼する。

 

これいくら?と聞いてもオームリっ!しか言わない。

 

よーやく財布出したとこで、電卓で値段を弾き出す。

 

オームリっ!

 

そして満面の笑みでまた、オームリっ!

 

しばらくこのおばちゃんが頭から離れなかった。たぶんフィンランド抜けるあたりまで脳内で一緒に旅していた気がする。

 

ところでこのオームリ、川魚特有の臭みはまったくなく、身もフワフワ。スモーキーな香りがたまりません。バイカル湖に立ち寄ることがあったら是非ともご賞味あれ。

 

(湖が完全凍結する真冬か、夏場に訪れることを強くお勧めします)

 

話変わって、イルクーツクの町並みはとても美しい。

さすがシベリアのパリだとか言われるだけのことはある。

 

町並みはこんな感じ。木造建築と石造建築が織りなす絶妙なバランス。

 

蒼井空、失礼。青い空に映えるカラフルな色使いが楽しい。

 

f:id:samuraikid520:20170117041222j:image

 

f:id:samuraikid520:20170117041309j:image

 

f:id:samuraikid520:20170117041359j:image

 

f:id:samuraikid520:20170117041511j:image

 

ん?

 

                                女子

建物   女子  子馬       馬     道路

 

道道道道道道道道道道道道道道道

 

 

思わず三度見。圧倒的違和感。突っ込んだら負け。

 

 

でも、でも、24年間生きてきて、わりと色々な経験してきたつもりだけど、この状況はまるで理解できない。

 

おれは間違ってない。

 

おかしいのはおれじゃない、きっと彼女たちが校則違反して馬で登下校してるんだ!(大方の日本の中学校でチャリ通が禁止されてるみたいに)と思って後をつけてみる。

 

やがて彼女たちは信号に差し掛かった。

 

偉い。ちゃんと馬とともに信号待ちをしている。。

 

赤信号を無視する日本の女子高生よりよっぽど偉い。。

 

そして信号が変わると同時に、今度は走り出した。

 

(パカパカうるせぇ)

 

そして周りの大人は然もありなんと言った感じで気にしている様子がない。

 

そうか。これがイルクーツクの街の姿なのか。

 

この時僕はいかに自分が日本的価値観で物事を判断していたのかということに気がついた。

 

いいじゃないか、街中を馬で走り抜けたって。

原宿を自転車で走る女子高生となんら変わりないじゃないか。

 

ありのままの現実を受け止めること。

 

そうこれがイルクーツクという街で僕が学んだこと。

 

f:id:samuraikid520:20170117045738j:image

 

 

男性諸君、もしロシア美女と付き合いたいと思ったならイルクーツクに行きなさい。

彼女達は美しいだけでなく、素朴な優しさで溢れている。

ちょっと不自由な英語がキミのハートをソワソワさせるはずだ。

 

そして街中を歩いてる若い子の10人に7人はミランダカーレベルに美しい。

 

わかったかい?モスクワでもサンクトペテルブルクでもなくイルクーツクだ。

 

おしまい。

 

(ケツがたまんねぇんだよなぁ)

シベリア鉄道と国境越え

 

f:id:samuraikid520:20161231070120j:image

 

パスポルトォォォオ!!!!!

プーチンを3倍ぐらいデカくした(ように見えた)禿頭のロシア人職員がパスポートを見せろと要求した。

 

 

リンゴとバナナで朝ごはん済まし、ぼんやりと窓の外の景色を眺め(昨日から変わらぬ景色)

この先巡り会うであろうロシア美女との妄想A to Zを一通り楽しんだあと、一眠りしていた時である。

 

 

例のプーチンはいきなりドアを開け放ち叫んだのだ。

 

 

パスポルトォォォオを見せろと。

いや、なにも叫ばなくてよくない?

てか舌巻きすぎじゃない??

こっち寝起きなんだし、おはようの一言ぐらいくれてもよくない???

 

 

でもそんな愚痴をこぼしてる暇もなかった。

もうなんというか、有無を言わさぬ雰囲気なのだ。

憲法上保障されている基本的人権など、ここロシアという国ではなんの意味もなさないのだというような具合で。

 

 

暴力という名の圧倒的権力を振りかざすをジャイアンに、ひみつ道具を献上するのび太みたいに私はパスポートをプーチンにうやうやしく差し出した。

 

 

プーチンはパスポートをパラパラとめくったり、ひっくり返したり、太陽の光に照らしたりしてじっくりとチェックしている。

 

 

何をそんなに眺める意味があるんだろう。単純な疑問である。

 

 

その間5分。

 

 

いや、冷静に考えると5分ってものすごく長いのだ。

どのくらい長いかというと、そうだな、小学校における帰りの会ぐらい長い。もっと言えば片思い中の大好きな女の子から日がな1日返信を待ってるぐらい長い。

 

 

パスポートを眺めるという行為に対し5分という時間をかけるのはそもそも時間の使い方を間違っているし、はっきり言って非効率的である。機械でピッとしてしまえば一瞬である。だって空港だってそうなんだから。

 

 

パスポートを5分もかけてチェックしてる間、プーチンはロシア語でなにかブツブツ呟いたり、無線で何か飛ばしたりしていて、なおかつその周りには麻薬探知犬が2匹ほどウロウロしているのだからこっちは気が気ではない。

 

 

これと言って特にやましいことはないのだけれど、ここまで大層な検査だとこちらも不安になってくる。

 

 

一通りのチェックが終わったのだろう。

 

 

プーチンは投げるようにしてパスポートを私に渡した。

並々ならぬ緊張感を5分もの間私に与えたあとプーチンはそれを投げるように渡したのだ。

 

 

激おこである。

 

 

今となっても腹立たしいが、ここで文句を言っても仕方あるまい。

 

 

話を先に進めよう。

 

 

そのあとも代わる代わるロシア人職員がやってきては、ありとあらゆる荷物を検査したり、ベッドをひっくり返したりと、忙しなさそうにしている。

 

 

その間3時間。

それもそのはず、彼らは同様の検査を乗客全員に対して行なっているのである。

 

 

最初の5分に文句を言ってた自分がバカバカしくなった。

 

 

そして最後に口をへの字に曲げた神経質そうな小太りのおばさん職員がパスポートを機械でピッとやって国境審査終了である。

 

 

そうその、口をへの字に曲げた神経質そうな小太りのおばさんは機械でピッ、てしたのだ。

 

 

 

機械でピッ、て。

 

 

ロシアなんて来なければよかった。

この時の率直な感想である。

 

ちなみに国境審査の間トイレ使えません。

 

 

これからシベリア鉄道に乗ろうと考える方お気をつけくださいませ。

使えないと言われると用を足したくなるのが人間の性でございます。

 

(初めて有益な情報を提供できた気がする。気がするだけなのだけれど)

 

 

シベリア鉄道に乗った話

まんまんまんまんがいちこのブログを楽しみにしていて、あれモンゴルで遊牧民と生活した話まだかな?って人いたらごめんなさい。

こっちのWEBサイトに載っけてあります。

 

http://kagelow.jp/backpack/episode1.html

 

えぇ真面目です。この上なく真面目です。面白い要素いっさいありません。大草原で野糞した話とか色々あるんですが、ただもうモンゴルはそろそろ飽きてきたので次いきます次。

 

シベリア鉄道に乗りました。ウランバートルからイルクーツクまで。イルクーツクがどこにあるかの説明はめんどくさいんで気になった方調べてください。32時間かかりました。楽しくなかったです。

 

f:id:samuraikid520:20161216053918j:image

(イルクーツク駅でございます。やたらカラフルでございます)

 

そもそもなんで私が楽しくもないシベリア鉄道乗ることにしたのかと言いますと話は半年ぐらい前まで遡りまして、当時私は銀座のクラブで働いていたわけですが、そこのお客さんでですね、気難しい変なおっさんがいたわけです、でその人はかなりの博学とみえまして、毎晩飲みにきては様々なうんちくを披露しては帰って行くのでありました。私はそのおっさんが好きで、わりと楽しみに彼が来るのを待ってたりしたわけです。そんなおっさんがですね、ある日突然質問してきたわけです。お前は何がしたいんだと。なのでもうすぐ世界一周に旅立つ旨を伝えたわけでありますが、そしたらですね、そのおっさん。

 

「死ぬよ」

 

って仰ったんです。ええええ、ちょっと待っていくらなんでも、いやまじ失礼極まりないでしょ、それは言い過ぎだよおっさん。

普通なら何言ってんだこのおっさん、正気?ってなるんだけど、でもこのおっさんに関してはそうならなくて。何故ならそのおっさんめちゃくちゃ頭良くて、しかもなんかドン小西と美輪さんと江原さんを足して3で割ったみたいなスピリチュアルな雰囲気を纏ってて、とにかくオーラ(っぽいのが)凄くて。だからその「死ぬよ」の一言に不思議な重みを感じたわけです。

誰も死ぬために旅に行く人なんていません。じゃあどうしたらいいんだと。どうしたらおれは死なないんだと。そう質問したわけです。

 

「西に行け」

 

おっさんはそう言い放ったのです。いやアバウト〜〜

そんなこんなで私は中国スタートでシベリア鉄道に乗って西に向かうとにしたのです。

ほんとはアラスカスタートが良かったけど死にたくないもんね。

あとこの旅、猿岩石方式を採用していまして、「陸路で行けるところは陸路で行く」っていう自分ルールを課したので、飛行機に乗るつもりはありませんでした。

というわけでシベリア鉄道。初の陸路での国境越え。

決して気持ちのいいもんではないです。ドキドキヒヤヒヤでした。

なんてたってロシア人笑わないんだもん。ガチムチだし。

次回国境越えの話行きたいと思います。(気が向いたら)

モンゴルとアムステルダムと

f:id:samuraikid520:20161215215112j:image

 

 

旅してると色々な人だったり、考え方だったり、宗教だったりに出会うわけなんだけど、その度に日本人の宗教ってなんなんだろなーと思うわけで。そんでもって日本人の宗教は何?って聞かれると、ざっくりとしか答えられなくて。日本人は特定の宗教を信じない人が大多数なんだけど、日本には神道ってのがあってね、神道とはこれこれこういう考え方で、そこに仏教も加わってミックスされたユニークな精神性があるんだよ、んでそれは宗教じゃなくて多分大多数の日本人が有している基本的な価値観みたいなものでそれが日本の持つ伝統とか慣習のベースになってるんだよ。っていう話をすると大抵の人は納得してくれるんだけど、たまにすごい突っ込んでくる人がいて、じゃあ神道はどうやって誕生したの?とか仏教の何派が主流なのとか聞いてくる人がいてですね、私は答に窮するわけです。そんなん知るかばーか。ってわけで誰か宗教系の本でオススメの本教えてください。写真はモンゴルのカラコルムなんだけど、いいよね。なんかこう仏教が生活に深く根付いてる感じ。モンゴルではお坊さんの社会的地位がすごい高いらしくて、みんなから尊敬されてるんだって。貧しい家の子とかは進んで出家するみたい。というか食べて行くにはそうするしかないみたい。選択肢が有り余る国に産まれた不幸な人間と、選択肢が極めて少ない国に産まれた幸福な人間と。目の前に座るラブラブ過ぎるカップルがものすごい腹立たしいので、駄文を書き連ねたわけだけど、見たくないもの見せられてるものほど辛いことはないわけで、音楽聴きながら寝ようかと思ってiPod探しても見つからず。これからどうやって生きていけばいいんだと。失くしたiPodの代償はでかい。これからあと7時間バスに乗り続ける私が向かう先はアムステルダムで、マリファナとセックスが合法の町なわけで、随分と遠くまできたなーと感慨深いわけです。旅に出て3ヶ月。はやいもんです。たまにこうやって文書を吐き出したくなるのはなにかこう内に抱えるものがあるからなのかどうなのか。別に何か書いてなきゃ死んでしまうというタイプの人間ではないんだけど、暇を持て余すよりはいいのかなと。

モンゴルで遊牧民と風になった話

 f:id:samuraikid520:20161110031002j:image

 餃子♪炒飯♪回鍋肉♪るんるん♪といった程度にしか考えていなかった中華人民共和国において、精神と大腸に予想以上の深手を負い、息も絶え絶え疲労困憊、精疲力尽、満身創痍で降り立ったウランバートル国際空港。深夜12時。

 

(生半可でない身体的精神的ダメージを我が身に与えた中国という国についてのお話はまたの機会に)   

 

 牛乳が染み込んだボロ雑巾のような身体で恰幅のいいモンゴリアンの群衆を掻き分け、必死の思いでドライバー見つけ出し、予約しておいたゲストハウスに向かう。

 

(宿は事前に予約しておくものといった当たり前のことを中国で学んだのだ)

 

走り出したその瞬間突き刺すような寒さを我が身を襲う。あぁ、寒い。予想はしていたがひどく寒い。気温は3度。北京との温度差は25度近い。

頼む、頼むから窓を閉めてくれ。ドライバーさん。隣で子羊のようにガタガタと震えてる私が見えぬのか。

 

そんなことはお構いなしで、私が日本人だとわかるや否や、TOYOTAの車は最高だ。ヒュンダイはまだまだ。ロシア製なんてもってのほか。などなど、身振り手振りを交え、いや、彼は運転中であるので、身振り手振りを交えちゃいけないのだが、車談義に花を咲かし、非常にご機嫌な様子である。

 

日本人だからといって皆が皆車に詳しいと思うなよ。と心の声を圧し殺し、HAHAHA! GRATE! COOL! と巧みに相槌を操りその場をやり過ごす。

 

昔から人の話を聞いてるふりをするのは得意なのだ。

 

(それが原因で怒られたことは数知れず)

 

ものすっっっっっごい勢い(メーターが壊れていて速度不明)で車を走らせること、20分ほど、ウランバートル市街地に到着。草原のど真ん中に突如として浮かび上がる巨大なビル群に、冷え切った心と身体が踊りだす。

 

まもなくしてゲストハウスに到着し、チェックイン。

もう出会うこともないであろうドライバーさんに今生の別れを告げる。

 

(結局窓は開け放たれたままであった)

 

心の中で中指を立てたのは言うまでもない。

 

私は12人部屋のドミトリーを予約していたのだが、チェックインが遅かったのもあって、シングルルームに通して頂くことに。しかもお値段据え置き。日本円にして約700円。なんと親切なオーナさんであろう。

 

ははん、シングルルームに通しといて後から高額な料金を請求つもりだな。その手には乗るまい。と1度でも疑ってしまった自分自身に嫌気が差しつつ、死んだようにベッドに倒れ込む。

この旅で初めて人の優しさというものに触れ、ピアノ線のように張り詰めていた緊張の糸がパチンと音を立てて切れてしまったようである。

 

翌朝、街の喧騒で目を覚まし、ふと時計に目をやると朝の8時。普通の旅人であれば、このタイミングで起床し街に繰り出すのであろうが、私は違う。なんといったって意識低い系旅人なのだ。眠い時は欲求に身を任せ寝るのが1番。二度寝が許される幸福を心の底から噛み締めいざ再びの眠りへ。

 

夢か現か、トントンとドアをノックする音で目を覚ます。声にならない呻き声をあげ、時計に手を伸ばすと、針が指し示すは昼の1時半。

 

完全に寝過ぎである。いくら意識低い系旅人であるからって昼の1時半まで寝ることは許されない。そんな時間まで寝る人間、それはもはや旅人ではなくただのニート。

 

旅人失格である。

 

軽い罪悪感に苛まれつつ、ぬるいシャワーを浴びながらぼんやりと思考する。

 

はて、、、4日ほど前まで私はしがないフリーターだったよな。と。

 

昼から朝まで(ここ重要)馬車馬のように働き、稼いだお金は飲み代に消えていくといった不毛な生活を1年以上も送っていた人間がたった4日そこらでまともな生活リズムに戻れるわけがないよな。

 

だったら昼の1時半まで寝てしまうことも至って正常なことであって、なんら罪悪感を感じる必要性もないんじゃないか?

 

と、半ば強引に自分自身を正当化し、罪悪感から解き放たれた私は、日がな1日ベッドでごろごろするのであった。

 

そんな風にして幕を開けたモンゴルでの生活。

 

旅に出たからといって、18歳の頃から長年培った腐りきった生活習慣、生活リズムがそう簡単に変わるわけはなく、ダメ人間は旅に出てもダメ人間であるという事実に変わりはなくて。

でもだからといってそんなダメ人間っぷりを否定するのでもなく、

ダメ人間はダメ人間なりに自分自身のペースで旅の仕方、旅との付き合い方を学んでいけばいいのだ。

 

そう、これは堕落しきった生活からの緩やかなリハビリである。